下取りと買取の違いしってます?

意外と知らない本当の意味

自動車を売却する場合の方法は2つあります。

 

それは業者に買取をしてもらう方法か、下取りにより売却する方法です。

 

買取はその名称の通り、中古車買取り業者に買い取ってもらう方法です。

 

 

比較して下取りは、新しい車を購入する際デューラーに車を評価してもらいます。

 

 

その評価額の分だけ、新しく購入する車の価格を引いてもらうことが出来ます。

 

 

こういった売却方法を下取りといいます。

 

車の売却に関してはこの2つの方法によることになりますが、一般的に買取の方が高く売る事が出来ます。

 

 

下取りの場合、新車を購入する場合などデューラーに依頼することになります。

 

 

ただデューラーは中古車販売の専門ではなく、買い取った車は他業者に流していきます。

 

 

その結果、手数料なども発生し買取り金額から引かれてしまう為、安価になってしまうのです。

 

 

とはいえ、下取り依頼をすると価格の目安を教えてもらう事が出来る事になります。

 

 

下取りはしてはいけないわけではありませんし、査定だけならいつでも可能です。

 

また下取りでも有利になる場合もあります。

 

 

それは不人気車の売却の場合で、買取りでは高い値段は付きません。

 

 

ただ、下取りの場合は目的が新車の販売です。

 

 

その為、不人気車でも一定以上の価格で買い取ってもらうことが出来ます。

 

 

車を売却する際は、装備品などもオークションで売却した方が高価になる場合もあります。

 

 

その為、まずは自分の車の買取り相場を調べてみましょう。

 

 

一括査定サイトなどでは、だいたいの値幅を教えてくれますので、参考にする事が出来ます。