自動車リサイクル法

知ってそうで知らないリサイクル法

車を廃車する時に、車の所有者と業者、自動車メーカーなどがどのような役割を果たすべきかを定めているのが自動車リサイクル法です。

 

日本だけでも毎年何百万台もの車が廃車になっているため、資源としての車を無駄にしないためにこの法律が作られました。

 

車の廃車に関わる全ての人はこの法律に定められた事項を守る義務があります。

 

それによって、車をリサイクルして、有効活用することができます。

 

まず、車の所有者に関しては、リサイクル料金を支払う義務があり、自治体が指定している引取業者にきちんと廃車を引き渡しする必要があります。

 

引取業者は、廃車を引き取り、それを各業者に引き渡して、きちんと廃車が分解されるように責任を持ちます。

 

分解されて生じたパーツや金属に関しては、自動車メーカーや輸入業者に引き渡されることになります。

 

自動車メーカーや輸入業者は、自分のところで造られた車や輸入をした車が廃車された時には、その時に生じるエアバッグ類やシュレッダーダスト、フロン類をきちんと引き取って、それらをリサイクルする義務があります。

 

自動車を製造する時にパーツを流用したり、金属などを必要なところに流通させるなど資源の有効活用を図ります。

 

このように自動車リサイクル法があるおかげで、車を廃車にしても、ゴミとして処分されず、様々なところでリサイクルのために処理されます。

 

車を廃車しようと考えている方は、車の所有者としての自分の責任をきちんと果たしましょう。